読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師で、超怠け者のわたし。でも夢はデッカイぞう~

元美容師だけど、美容師が大っ嫌いな人間です。元3Bですが、なにか?

女性美容師の闘い

2人の女性美容師の仁義なき闘い

45歳の女性ベテラン美容師。

35歳の女性中堅美容師。

 

 

その美容室には、女性美容師しかいない。

女性美容師だけの美容室。

正直、流行っている。

小さいながらもしっかりと売り上げを上げている。

利益もがっぽり。


そんなお店内で起きた闘いだ。

どちらの女性美容師も今年入社した。(美容室の入社なんて言っても、形だけというか、名前だけだけど。)

で、45歳のベテラン女性美容師のほうが、少しだけ先に入った。

35歳の中堅女性美容師は、3か月前に入社した。


一応、どちらも他のお店でそこそこやってきた感じ。

まあ、お金は稼げてなかったようだけど。


その女性美容師しかいないお店は、休日の講習会や

営業後の自主練が義務となっていた。

ま~いわゆる面倒くさい美容室ですよ。

昔ながらのね。

45歳のベテラン美容師は、もう、それ程やる気が無いので、

適当な言い訳をしてやらない事が多い。

(これに関しては私は大賛成だが。そんな拘束力は美容室側には無いので。)

 

しかし、35歳の中堅女性美容師は、とにかく真面目。

言われた事を忠実にやっていくタイプ。

真面目な性格ではあるが、独立しても成功はしない美容師の典型。


なので、真面目にやらない45歳ベテラン女性美容師が気に喰わなかったらしい。


まあ、どちらも元々そりが合わなかったのだろう。


そして、バッチバチの言い争いに!


35歳中堅女性美容師~

「真面目にしてください!」

「お客さんの為に!」

「みんなやっているじゃないですか!」

等と、35歳中堅女性美容師が言う。


45歳ベテラン女性美容師は、

「意味の無い練習なんてしても時間の無駄!」

「時間的拘束をするなら、あなたが私にちゃんと時給を払ってね!」

「経営者でもなく、何の責任もないあなたに言われる筋合いは無いんですけど!」

と。

いや~、面白いですね。

なんと言ったらいいのか・・・

美容室って、時代錯誤だな~と本気で思います。

 

 

 

オーナーの思うツボ

まあ、そこのオーナーも女性美容師なんですけどね。

オーナーとしては、仲良くされるよりは

バチバチに仲間割れをしてくれていたほうが、経営はやり易いと思いますけどね。

それを考えてか、どちらにも適当な事を吹き込んでいる様子。


雇われ美容師同士が、喧嘩をしていると

経営者側はありがたいんだよねー。

なぜかわかる人は、経営者向きなのかな?

 

 

 

美容師美容師の美容師お金 

 

 

 

 

広告を非表示にする