読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師で、超怠け者のわたし。でも夢はデッカイぞう~

元美容師だけど、美容師が大っ嫌いな人間です。元3Bですが、なにか?

いつまで美容師を続けるの?

現役、美容師さ~ん。

 

いつまで美容師を続けますか?

 

 

 

このブログに辿り着いたということは、

 

ちょっと悩んでいますよね~?

 

 

 

 

「この先、雇われ美容師を続けていてもお先真っ暗だし・・・」

 

「自分で美容室を開業しても、成功する確率は少ないし・・・」

 

 

 

 

はい。

 

どうしましょうね~。

 

 

特に30歳を超えた辺りから考え始めますよね~。

 

 

 

 

 

分かります。

 

 

私もそうでした。

 

 

 

 

今でもこうやって美容師時代の事を思い出しながらBLOGを書いています。

 

 

はっきりと言って、

 

 

 

 

 

 

普通に考えてみれば分かると思いますが。

 

 

これだけ、多くの美容室が乱立していて、

 

お客さんの好みも千差万別。

 

 

 

自分が良いと思って出した美容室でも、

 

お客さん側にしてみれば、

 

ほかのサロンとどこが違うの?って感じ。

 

 

 

 

 

もう、差別化は難しい。

 

 

最近では、苦し紛れに

 

ヘッドスパ、マッサージがウリです!」

 

みたいな美容室も出てきていますが・・・

 

 

 

残念ながら、日本では

 

ヘッドスパ、マッサージは、0円のサービスということが定着しています。

 

 

それにわざわざお金を掛ける人って、

少ないですよ。

 

そして、そんなお客さんは都会にしかいません。

 

 

 

基本的に日本で美容室は、

 

髪の毛を切りに行くところ。

パーマを掛けるところ。

ヘアカラーをするところ。

 

 

なんです。

 

 

癒しは、他に行くんです。

 

 

ヘッドスパやマッサージをウリにしている、

ヘアサロンって、

完全に美容ディーラーに騙されているな~って思うわけで・・・

 

 

かわいそう~。

 

 

完全にカモにされているわけ。

 

 

高いヘッドスパ用のソファーを買わされ、

無意味に高額なヘアケア製品を買わされ。

 

知らないうちに、ヘアケア製品の販売要員にされて。

 

一番得するのは、美容ディーラー&怪しげな講師

 

 

 

 

まあ、差別化といってもそんなもんです。

 

 

 

 

そして美容業界では、革新的な事も起きませんからね。

 

 

今後、雇われ美容師の給料が上がる事はないですから。

 

残念ながら。

 

 

これはどこの業界でも言える事かもしれませんけどね。

 

 

 

結局、今後伸びる業界にいなければ、

ずっと貧乏のままって事です。

 

 

で、今後伸び続ける業界。

 

それは、

 

 

・高度な教育業界

 

・医療

 

・インターネット/IT

 

・エンターテイメント

 

・投資

 

 

です。

 

 

サービス接客業は、ムリゲーですからね。

 

 

 

本当に

 

とっとと美容師なんて辞めたほうがいいですよー。

 

 

転職は早いほうがいいです。

 

 

 

 

ちなみに、最も入りやすい業界は

 

インターネット/IT業界です。

 

 

技術というよりは、知識が重要になってきますので。

 

 

PC、インターネットに興味がある方なら、

すぐに活躍できるようになりますよ。

 

 

知識は、覚えればよいだけですからね。

 

 

美容師って、

技術ですもんね。

 

技術って、

経験しなきゃ身につかないですから~。

 

 

仕事相手も、人間なので

尚、ややこしいし、疲れるわけで・・・

 

 

 

もし、インターネット/IT業界に興味があるなら

 

「テックアカデミー」で少し勉強してみるとよいですよ。

 

オンライン上で、プログラミング技術を色々と学べます。

 

 

 

今後、プログラミング技術は必須になりますから~。

 

プログラミング技術に限界はないので、一生やり続ける事ができる仕事でもありますからね。

 

 

美容師なんて、旬が30歳ぐらいまでですから・・・

 

40歳越えの美容師なんて需要ありませんよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする